忍者ブログ

ひとりごと。

90日ルール

「どこの家族も一癖二癖あるもの」
なかなか名言。


長くはもたない、と言われても、実際は長いんだよねー病院にいると特に。
さすがに3ヶ月以上は無いと思うが、特養退去手続きした後に3か月以上生きられると行き場がない。
特養入る前、この入院の三か月ルールで転々として過ごしてた期間があるから。


地方でよくある「長男長女が優先」て考えだが、
上越は、その「長子信仰」は強い。(「長男信仰」だがウチは姉妹しかいないので)
年代もあるが、オバン、ババァ親族、大高家と周りでは確実に。
オカンも長女だから長女失格という思考に囚われていたみたいだし
三女の下の妹もその思考に囚われている節があり、私の心配している(※1)
父が亡くなりそうなのに、生きてる内に顔見せに来ない長女
ババァ葬儀の際の祖父母兄弟たちの蔑ろ筆頭の親玉あるいは槍玉の(孫)長女
だそうですし。
ボロクソに言われても、上越に住んでるわけじゃないから、直に聞くわけではないし
私本人に文句言う度胸もない人達だし
実害0というか、実際のところ生活圏内に影響は無いし。
言われたところで、結局「で、だから、それで、勝手に言ってればー」で終わる話だしな。

そもそも、敬愛できる要素があったら、とっくのとうに行ってる。
ダンナの親族も「長男信仰」だけど、優遇、責任、負担、敬意といったバランスが上手くいってるんだもん。そんなケース見たら、ウチはダメだろ、グダグダの面倒押し付け合い、無駄に見栄っ張り、義務を果さず権利ばかり主張してる感じの人達だらけで、天秤にかけても日常も金も犠牲にしてまで行く程、価値がないから行かんのよ。
(※1)だが
母親と同じように病まないで欲しい、下の妹の優しさのつもりと
こーゆう愚痴を言われてるのを、私(下の妹)が受け止めて苦労しているんだという下心。
「人道的、心情的に、親戚や周りからとやかくいわれる」
私も覚悟があって、こっちに来たんだから心配はしなくていいのにね。
関東で生活する際、うっすら想定はしていたのでまったくの想定外ではない。
上越に住み続ける限り、そーゆう嫌味や愚痴は嫌でも耳に入る環境。
下の妹は、3月の時に役所の福祉課の人や精神科医の前で「他(の地)で生きていけない」と言ったんだから、それも含め「上越で生きていく覚悟を決めたんでしょ」の話。
諸々、20数年前で時が止まってる感がする下の妹に
当時の私の心情として「風といっしょに」をぶつけたくなる。
最近、しょこたんも歌ってる2019verも良いが、やっぱ当時に聞いたのが最強。
話それるが、永遠の10歳サトシ君、22年越し悲願のリーグ初優勝したのにボロクソ言われるという。かなC。



このBGM…歌付きになった「かぜのさかな」めっちゃ欲しいー!