忍者ブログ

ひとりごと。

年中さん

ということで、進級年中組生活スタートっす。
担任が、年少時のぶどう組の先生だった人で持ち上がりってやつかな。



「人のせいにする」と言ったが、
TLを眺めていて、言いたかったことがコレが近い。

『本当はやりたく無かったのに周囲に忖度してやった結果、本当にやりたくなかった事をやれなくて後悔』

「後悔」の部分を「愚痴」になるのが、下の妹とオカンなんだよ。
もうジジババもいない、下の妹にとってはオカンもいない、周囲の忖度する必要なんて無くなったんだから。
「だったら、自分のやりたいこと言ってくれ、やってくれ」としか言えない。
わざわざ忖度対象を探してるのが、失敗の保険というのか理由付け探しにしか見えなくてイライラしたんだわ。

下の妹の言動が人を不愉快にさせる
・・・みたいなこと言ったが

鴻上さんの相談回答を読んでいてあった
『「かわいそう。何かしてあげたい」無意識に見下す。』

店長を怒らせた(ヒートアップ)させたのはコレだなと思った。
精神科医の受診時、「店長がオトンみたく見えて、可哀想に思えてきた」と言ってたんだ。
店長(この人もマトモではないと思うが)も下の妹も、お互い見下しあって、相手を可哀想と思う
この見下し説教口論って、改めて考えると滑稽っすな・・・


出典どこか忘れたが
『不機嫌や怒りで相手との妥協点を探るでもなく自分の思い通りに運ぼうとする。
自分の立場や経験からしかものを判断しない自分の預かり知らない事柄に想像を及ばせたり理解しようとしない、そういう人間は、まず話し合いが成立しない。』

店長も祖父母も、こーゆうタイプだよな。
そーゆうタイプは「話せば分る」とか思わないで、時間の無駄だから切捨てるんだが
下の妹には、その判断力は無理やかな・・・・



あと、下の妹は世の男性(30代以上?)を父親、
夫婦間はオカン&オトンのを基準にして評するんだよね。

夫婦の数だけ夫婦間があると思ってるから
ウチラも鳥夫妻も、オカン&オトンの夫婦間の物差しで測られて
ムカったときたが、苦笑いで対処したわ。
これこそ「結婚していない奴には分からない」と言いたくなる気持ち。


思うことはあっても、個々に解説するの面倒だから
ひっくるめて「社会経験が足りな過ぎるんだよ」で済ませちゃう。