忍者ブログ

ひとりごと。

夏休みが終った

やっと開放される。
「ヤダー」と「こわい」をやたら言うようになった、怖がりになった夏。

ヤダーはともかく
「カブトムシこわい」
私としては蜂や蜘蛛の方がよっぽどコワイのに、カブトムシの方がコワイらしい。

「トイレ、こわい」
トイレにいたっては、ウチと幼稚園以外のトイレは暴れて泣き喚く程酷い反応。
吉祥寺駅のアトレ、キレイなトイレだし外の公衆トイレよりは・・・と思ったけどダメだった。
狭いのがダメなのかと思って、障害者用トイレに入ってみても全力で泣き喚くのでどうにもならん。



◆幼稚園の夏祭り
「制服可」ってあっても、100%浴衣か甚平の園児しかいないイベント。
4日前に服装のお知らせしてくれて、時間なさすぎてもっと早くアナウンスしてくれよ・・・と思った。
(夏の終わり時期だから在庫セールばっかで、種類を選ぶ選択の余地なし)

担任の先生やいつも通園バスに乗ってる先生なら分るけど
こっちはまったく分からない年中、年長クラスの先生から
「かなちゃん、バスの中でお歌うたってるんですよー」って教えられて
情報共有しているのかもしれないが、受け持ちクラス以外の全園児を覚えてるのなら凄すぎる。
もしくは、娘は余程印象が残る園児なのか。

お土産に花火もらったが、庭のないお宅の場合、この辺ではどこで花火ができるんでしょうかね~?


帰り、幼稚園近くのドラッグストアに寄って
同じかりん組の子がいて
相手は「かなちゃーん」って呼んで近づいてくるのに、ウチの娘は相手の名前を呼ばない・・・ことに気付いた。
名札があるから「あ、わかなちゃん」「はるくんだねー」と言えたが
名札がなかったら、誰か分からんわ。

後で、友達いたねーと娘と会話して「はるくんねー新幹線の帽子もってる」と言ってたので
どうやら、シンカリオンの情報入手先は、はるくんみたいだ。