忍者ブログ

ひとりごと。

妊娠中毒症の回はいつだったけな

産婦人科に「コウノドリ」の漫画置いて欲しいわ。

WiiU版の発売日が年内に決まったけど
管理入院の可能性も視野に入れといたほうがいいかもしれない状況なので
本当見てるだけ~しかできないと思った。

栄養指導入った^q^
妹が「タンパク質制限」で栄養指導受けたことあったけど、自分もついに指導じゃわ。
血圧が高い。要注意マークついた。

16週目からは、妊婦検診時に血圧や体重とか各自で測れと言われたので
腕入れて測るやつしたら、141/85 でフイタ。
上が140以上、下90以上は測り直せと書いてあったけど、何回やっても、上が140以上でワロタ。
今から140あったら、分娩時に脳出血してアボーンじゃん。
妊娠する前、ダンナが通院している病院で無料だからって、測っていたときは110/70台で推移してたのに。
妊娠性高血圧 こぇぇ~
その後、看護師さんが手に巻いてやるやつで測り直すと、110/75となったから不思議。

前々からダンナは血圧測定器の購入を考えてたらしいが、決心したとか言われた。


中期から診る先生が、じぃちゃんでボソボソ声で、何言ってるか分からない件。
看護師さん二人がフォローしてくれるから、何とか解読できた感じ。
胎児の成長具合は正常範囲、高血圧のことばっかり言われた。
そして、電子カルテで栄養指導の予約の操作も、看護師に聞いていたぐらいの、じぃちゃん。
思わず「そこクリックじゃないですか?」と口が出てしまったが。
(だいたい、どこの病院の電子カルテのシステムは似てるじゃん)

ギャルじゃないけど若い人が、診察室が出てきた時に
待合にいた友達に「おじぃちゃん!」って言ってたの納得した。
しかしマタニティ服のカタログ見てキャッキャッできるって、若いっていいね。

胎児スクリニーングも、この「おじぃちゃん」だから、解説役というか解読役の人も同伴でお願いしたい。


そういや
自分が産まれた、産婦人科の医院はなくなってるっぽい。
ダンナが産まれた病院の産科もなくなっているみたい。
里帰り出産っていう選択肢がはなからないから考えたことなかったけど
消えていくの多いね。