忍者ブログ

ひとりごと。

まだ人生の大半を病院で過ごしていない

妹からのメッセージで、今回が8回目の入院と言ってたが
妹自身が記憶を頼りに書きだしたら、今回は9回目じゃないかと・・・
ひとつ多くて、あれれー?な状況になったw

妊婦が杏林みたいな大病院にお見舞いに行くのは、やはりリスク高いかな。

腹腔で手術になったら、手術後翌日以降から、なるべく動いた方がいいんだよね。
「出来るだけ歩いて」と言われるらしい。
臓器の癒着を防ぐために。
でも、妹の現状を考えると超がつく難題だと思った。

ダンナの場合、手術した翌日には点滴とか
まだ腹に穴が開いていて管差してる状態でも
ガラガラ引いて、入院部屋の階をウロウロ歩いていた。
翌日から放浪してるせいで、階の看護師さん全員からスグ顔覚えられてしまってたけど。


◆やっぱりな・・・って感じ。

・保育園→待機児童(保留児童)
・一時預かりも満杯で待機(保留児童)
・無認可保育園も待機児童(保留児童)

さすが全国ワースト上位の横浜市・・・だと思った。
難病とかで優先権があるのかなと思ったが、そんなことなかったのね。

一番驚いたのは
『・神奈川新聞社、過去のドキュメンタリーテレビに協力依頼済み。』
・・・この無償シッターの件を、ついに世間に広めるのか(汗)
うわぁーうわぁ・・・


働くために預けたら月10万円以上かかって、
結局、働いた金は右から左のように流れていき
何のために働いているのか分らなくなるとか
子育て支援が厚い地域に、わざわざ引越しを考える人もいる
現実を知ってるのか知らないのか。



◆御嶽山で焼山のこと思い出したわ
正確には新潟焼山っていうのか。

小学生の時、レクリエーションで笹ヶ峰辺り行ったけど
悪ガキ男子が列を外れて、焼山の方向に行こうとして
当時、入山規制中だったから「迷い込んでも助けに行かねーぞ」的なこと説教されて
先生にスゴイ怒られてなーという記憶。
焼山は見えるけど、子どもの足じゃー行けない距離だと今なら分るけど、迷子になられちゃー困るわね。

自分が生まれる数年ぐらい前?、今回みたいな水蒸気爆発型の噴火で死人が出ていたはず。
小学生とかで、郷土歴史みたいな授業があるじゃない。
なんとなく、焼山は活火山というのは知ってたけど、妙高も活火山なのは最近知ったわ。
活火山は怖いっすな。

小中学生時代、戸隠山、飯縄山とか長野の山もレクリエーションやらキャンプやらで
さすがに頂上までは登らなかったけど、それなりの高さまでは登らせれて
歩いていても雲の中は霧で真っ白だし、キャンプ場隣の林に雷は落ちるし、
いきなり雨が降り出して歩いていた道が泥水の川になったり、
サバイバル力鍛えるための訓練か修行にしか思えなかったわ。

やっぱ、山行くなら水上とか谷川とか温泉目的が一番っすな。
群馬だけど。